【全文掲載・その1】ながとし恭子 大野城市市長選挙公開討論会 自己紹介・政策発表

【全文掲載・その1】ながとし恭子 大野城市市長選挙公開討論会
🌟自己紹介・政策発表
〇自己紹介
 ただいまご紹介にあずかりました永利恭子です。お話をさせていただく前に、このコロナ禍の大変な中で、このような会を企画し実行してくださいました実行委員会の皆さま、「大野城投票率あっぷの会」の皆さまにお礼を申し上げます。大野城市に、選挙や民主主義について真剣に活動されている方々がいらっしゃることを誇らしく思います。
 私は1962年(昭和37年)福岡市で生まれました。現在59歳です。家族は夫と、はたちになる大学生の娘が一人います。幼稚園の頃から筑紫野市に住み、二日市小学校、二日市中学校、県立筑紫丘高校で学び、九州大学法学部を卒業しました。大野城市には、結婚した時、20年以上前から住んでいます。
 私が政治に関心を持ったきっかけは中学生のころに起きたロッキード事件でした。世の中がどういう仕組みで動いているのか知りたいと、法学部に行こうと決めました。実家の経済状況を考えて、自宅から通える国立大学ということで、一年浪人して九大に行きました。当時、法学部に女性はとても少なかったです。
 大学卒業後、少しでも人の役に立てる仕事がしたいと県職員になりました。1986年、男女雇用機会均等法元年でした。女性上級職に対する期待は大きかったです。しかしお茶くみもしました。その後、出納長秘書を経て、筑豊の嘉穂福祉事務所で生活保護のケースワーカーとして4年間仕事をしました。ここでの経験が今の私をかたち作っているとも言えます。世の中は不公平で無情だ、そう思うことの多い4年間でした。私はできる限りのことを精一杯しましたが、生活保護制度の中で公務員としてできることは限られていて、救えなかったという思いは残りました。この前話をした人が自宅で亡くなっているのを発見するというショックなことが2度もありました。その後、人事課に配属になり、信頼できる上司、先輩、同僚と仕事をすることができ、組織というものを体感できた充実した5年間でした。
 ただ、自分の力で何かしたいという思いもあり、県職員を辞め、学生時代に一度断念した司法試験にもう一度挑戦することにしました。35歳の時でした。その後結婚して子育てと法律の勉強を何年も続けましたが、残念ながら結果を出せず挫折しました。
 2008年のリーマンショックで年越し派遣村に集まる人々の姿を見て、私も何かしなければと、ホームレスの支援をしているNPO法人の求人をインターネットで見つけて就職をしました。6年半で700人くらいの入所者の方たちと関わりました。女性の入所者の方もいました。
 ホームレスというと働かない、怠けていると思われる方もいるかもしれませんが、ホームレスになる前は仕事をされており、怪我をした、病気になった、勤めていた会社が倒産した、ブラック企業から逃げ出した、など家を失った理由は様々でした。知的障害、発達障害に気づかれることなく、長年苦労してきた人も多かったです。つぎはぎだらけで貧弱な日本の制度では普通の人がいつどうなるかわからないのです。
 私が大野城市長選挙に立候補しようと決意したのは、市内の女性たちと話をしていて、いまの大野城市政に市民の声が反映されていないと感じたことです。その理由の一つが中学校の給食問題です。多くの保護者が要望し、昨年3500筆を超える署名が提出されたにもかかわらず、中学校完全給食の実現に対して市は消極的な姿勢を示し続けています。なぜなのでしょう。市にお金がないわけではありません。現に20億円以上かけて「心のふるさと館」は建設されました。国の補助金などを工夫すれば、大野城市の今の財政で中学校の完全給食は実現可能だと思います。そういえば、私の娘が小学生だったころ、現職の井本市長が「弁当の方が母親の愛情を感じられる」と言われたことを覚えています。しかし時代は変わりました。大野城市では中学生の子どもを持つ家庭の7割が共働きです。保護者にとって毎朝の弁当作りの負担がどれほど大きいことか。貧困家庭の現実はより深刻です。弁当を作ってもらえない、パンやランチ代の200円、300円を持たせてもらえない、私は、井本市長には困っている市民の姿が見えていない、そう感じます。
 また、大野城市は人口10万人の都市でありながら、16年もの間市長選挙が行われず連続無投票なのも問題です。前市長の3期12年を批判して市長になられた方が、16年、さらに20年も市長を続けようとするのはおかしいのではないでしょうか。トップが長年同じでは、異議や批判が言えなくなったり、なれ合いが生じたり、政治の緊張感が失われてしまいます。変えるタイミングではないか、その使命が私に与えられているのではないか、そう思い、自らを奮い立たせて市長選挙に挑戦することを決意しました。
〇政策説明―政治の優先課題など
 政策については、まず、中学校の完全給食の実現を目指します。中学校に給食がないのは時代からずれていると思います。多くの女性が働いている現代、保育園の待機児童の解消だけでは子育て世代の支援として不十分です。皆さんは今回のコロナ禍でエッセンシャルワークの大切さに気付かれたと思います。看護師さん、保育士さん、学校の先生など、人と接するエッセンシャルワークに多くの女性が従事しています。しかし、仕事と子育ての両立はとても大変で、へとへとになり、仕事を辞めてしまう人も少なくありません。もったいないです。せめて完全給食を実現して、働く親御さんたちを支援したいと思います。少子高齢化の時代、働く女性を支えることは社会全体を支えること、そしてそれは、子どものいない方、子育ての終わった方をも支えることにもつながります。もちろん、給食は子どもたちのためというのが第一です。子どもたちの健康のため、お腹をすかせた子どもにみじめな思いをさせないために、主食、副食のそろった完全給食は必要だと思います。
 二つ目は、タウンミーティングを行いたいと思います。市民の皆さんと直接対話をし、市民の皆さんに納得していただける、風通しの良い市政運営を行います。実際に選挙の準備を始めますと、長期井本市政の問題点をいくつも耳にするようになりました。市長は、反対する人、意見する人の声に耳を貸さない、私たちの健康に関わる水などの環境調査をきちんと行って情報を公開してほしい、県や国から違法と指摘されるような制度運営はやめてほしい、水道料が高いのはなぜなのか、市民の疑問や意見に耳を傾けてきちんと説明責任を果たしてほしい、大野城市を変えてほしいという声をたくさんいただきました。
 大野城市は福岡市のベッドタウンとして人口が増えてきた街です。元々大野城にお住まいの方、他の地域から転入してこられた方、誰もが暮らしやすい街にしたいと思います。困っている人にやさしい、子育てしやすい、子どもがのびのび育ち、高齢者が安心して暮らせる、そんな街を目指したいと思います。
話を聞いていただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です