『失敗の本質』政府のコロナ対応を評するときに時々話題になる本です。

『失敗の本質』政府のコロナ対応を評するときに時々話題になる本です。以前から読みたい一度読まねばと思っていて、私も今年になって読みました。8月になりました。コロナの感染拡大、終戦(敗戦)の日前のこの時期に一度読んでみてはどうでしょうか?ただしつらくなるので、別の楽しみも用意してください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です